本当に利用すべきもの

a woman feeling dizzy

避妊のためにアフターピルを多用している女性も多くいるかもしれません。ですが、それは身体への影響を考えると正しいことではありません。確かに、望まない妊娠をしてしまうことを考えれば、アフターピルを利用する方がいいでしょう。でも、アフターピルは非常に副作用のリスクが高いものなんです。アフターピルは無理に生理を起こさせることで妊娠を防ぐというものです。女性ホルモンのバラスを大きく崩すものです。ですから、人によっては激し頭痛や吐き気を感じる場合があるんです。
では、避妊を防ぐために利用すべきピルはとはどういったものでしょうか。それは低用量ピルです。低用量ピルはアフターピルと違い、副作用のリスクが全くないんです。しかも、性行為の前に服用をしておくので、安心して性行為に集中をすることが出来るんです。アフターピルは緊急用、普段から利用するのは低用量ピルといったように住み分けをしておくことが大事です。
また、低用量ピルには避妊以外に生理痛を和らげる効果もあります。女性の中には生理の度に激しい痛みを覚えて、仕事や学校に行くのも辛いという方もいるでしょう。そんな女性も低用量ピルを利用すれば、生理痛を緩和することが出来るんです。避妊のためではなく、生理痛の緩和に利用している女性も多くいるんです。
これまでアフターピルを避妊のために利用してきた方も、身体のことを考えるのであれば、低用量ピルに切り替えるのがいいでしょう。